遊具

統計全般に関する情報は統計情報サイトへ

遊具
遊具には様々な種類があります。ブランコ、滑り台、シーソー、鉄棒、砂場、ジャングルジムなどはもちろん、人工の水遊び場や噴水が設置されている場合もあります。最近では、遊具による事故が増加し、子供が負傷するなど安全面においても問題になっています。

子どもが遊ぶ遊具には、児童用遊具と幼児用遊具に分けられています。分ける理由は、子どもの大きさや体力、危険に対処する能力などが年齢によって大きく異なるからです。

からだの小さな幼児と大きな児童が一緒に遊ぶ場合、幼児と児童が衝突してケガをする場合もあります。幼児用遊具と児童用遊具が混ざるのを避け、エリアごとに遊ぶことが望ましいでしょう。